脇汗の原因

多汗症

精神性発汗による汗

人と話す際や、スピーチをしなくてはいけないシチュエーションで大量の汗が出る多汗症は、精神性発汗です。ちょっと汗がでるだけなら良いのですが、緊張による汗は自分の意思とは関係なく大量に出てきます。

そのため、人と話すことに対する緊張だけでなく、また大量に汗をかいてしまうのではないかという不安が原因で汗が止まらなくなることもあります。

脇汗をかくと、シャツにシミができてしまうなど、人目も気になることから脇汗対策も必要になってきます。

 

ホルモンバランスによる汗

更年期になると、からだが火照りやすくなり、体温調節をするためにこれまで以上に汗をかくことがあります。

更年期による汗は、首の後ろは脇、胸を中心に出てきます。これまで汗で悩むことなんてなかったのに、40歳を過ぎてからやたらと熱く感じるという人は、更年期による汗が考えられます。

 

脇汗の量と臭い

人の汗の量は、脇汗だけを見てみると、1日スプーン1杯だとされています。そして、汗による臭いは、汗の量にも比例しているとされています。

体があつく、汗をよく搔いた日は何となく自分から臭いが・・・なんていうこともあります。この臭いは、汗によるものなのです。多汗症の人は常に汗をかいているので臭いも強くなりがちです。

脇の下には、汗腺が多く集まっています。からだはそれほど汗をかいていないのに、脇の下だけ汗をかいてシャツにシミができてしまったこともあります。

これは、汗腺が脇の下に集中しているので、ちょっとの汗でもワキだけは多いように感じるのです。そんなことから脇汗対策も考える必要があるのです。